某CMに心を奪われ(?)イングリッシュ・ポインターとの生活を始めた主婦の、日々の出来事


by buddy-koyuki

カリフォルニア・ナパへ

早朝の飛行機でナパへ。初日に立ち寄ったサンフランシスコに逆戻り。アメリカ入国は相変わらず厳しく、荷物をいちいち検査され、主人は香水の成分まで分析されてしまいました。
なんとかサンフランシスコ到着!と思ったら、主人。「あ、カルガリーの空港にパソコンを忘れた!」なに~???
香水検査をされたりしている間に、別に検査されたパソコンを忘れたらしい。写真データも移しちゃったし、会社のラップトップを持っていってたので大変!あわてて、空港に電話。幸い、空港で保管されていました。ほっ。とりあえず、サンフランシスコにホテルに送ってもらうことに。

一安心したところでレンタカー。ナパのお隣、ソノマの「ソノマ・ミッション・イン」というホテルに宿を取っているので、とりあえずカリフォルニアワインの本場、ナパへ。
「地球の歩き方」にあったレストランを探したのですが見つからず、ヨーンツヴィルという町のちょっとおしゃれなビストロ「ビストロ・ジェンティー」というところに入りました。外のテラスで涼しい風にあたりながら食べたメニューはどれも本当においしい!よく見ると、トイレの入り口あたりに色々表彰された記事やなんかが飾ってある。お、これは当たり!超お勧めできます。

さて、ナパ。
まずは大御所のロバート・モンダビ。観光客が大勢押しかけるので、ちょっとした美術館のように中庭にモニュメントが飾られ、さすが「もうかってまんねん」って感じです。とりあえずここでしか売っていないというかわいいラベルのワインを購入しておきました。
それからお隣のニーバム・コッポラ。そう、あの「ゴッドファーザー」のコッポラが所有するワイナリーです。ワインの評価はそれなりに高かったのですが、主人がティスティングしたところ「そんなにおいしくない」そうです。まあ、今売り出していた2003年ものがイマイチなのかも。
d0024735_1532262.jpg

ナパのワイン畑は、主にカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培しています。日がさんさんと当たる平坦な土地にまーっすぐ畑が続いています。で、有名なワイナリーは大きな建物に広いテイスティングルーム、駐車場を完備して、連日観光客を飲み込んでいます。ちなみに、ほとんどのワイナリーでテイスティング料金15ドル取られます^^;結構いい商売です。

夜、ホテルに到着。ここは、前から泊まってみたかったところ。温泉がわくエリアで、スパが有名なのです。ロビーは広いリビングみたいな感じで、人々がワイワイお酒を飲みながらおしゃべりをしていて、まるでお金持ちの誰かさんのパーティーに呼ばれたみたいな気分が味わえる、比較的アットホームな雰囲気です。
とにかく疲れていた私たちはカントリー調のこじんまりとした部屋で、ルームサービスをとって就寝。
[PR]
by buddy-koyuki | 2005-09-08 15:47 |