某CMに心を奪われ(?)イングリッシュ・ポインターとの生活を始めた主婦の、日々の出来事


by buddy-koyuki

ボランティア

土曜は、月1回のドッグラン清掃ボランティアの日でした。
毎月第一土曜の朝、日ごろドッグランを利用している方々で集まって清掃をしています。
集まるメンバーは大体、平日も利用している人&犬たち。なので、ほとんど顔見知りです。
まあ、いつも使わせてもらっているので、ボランティアというほどのことでもないのですが。。。

私は主人を見送ってからなので、少し遅めになってしまいました。
ドッグラン内はほとんと掃き掃除が終わっていたので、外周りの掃き掃除とごみ集めをすることに。こゆきをドッグランに放して、外に出ました。
が。。。こゆきは私がそばにいないと、オロオロしてしまうのです。で、柵内から私についてまわり、吠えまくる始末(^^;)家ではいつもお留守番しているのに、外では1分も待つことができません。

ねえ~、どこにいくのよ~!!!わお~ん!!!
d0024735_2328256.jpg

だ、だから、見えるところにいるじゃん(^^;)
ちょっと買い物したくてスーパーの前につないでも、すぐに吠えてしまうのでいつも猛ダッシュ。
だから2品以上買い物をしたいときはこゆきを置いていくしかありません。本当は散歩がてら買い物もできると助かるのだけど。。。

ボランティアといえば、ほかにもしていることがあります。
まず、「わんわんパトロール」。
わんわんパトロールと書かれた黄色い札をつけて、犬の散歩がてら近所をパトロールする、というもの。今のところ、怪しい人は見かけていませんが、こゆきは見た目が結構怖いので、萎縮効果はあるかも???

あと、「フォスター・プラン」の翻訳ボランティア。
世界中の恵まれない子供たちを援助するフォスター・ペアレンツと、そのチルドレンの間でやりとりされる手紙の翻訳をしています。
これは多くの人の手がかかっていて、まず現地でチルドレンの手紙を英語に訳すボランティアがいて、この英語の手紙を日本のボランティアが和訳するのです。また、日本のペアレンツからの手紙を英訳し、それを現地のボランティアが現地の言葉に翻訳してチルドレンに渡しています。
このボランティアは結構時間もかかって大変なときもありますが、あたたかい気持ちのやり取りのお手伝いなので、やりがいもあります。

主人には「金にならないことばかり」と言われていますが、少しでも社会に貢献できればいいですよね!
[PR]
by buddy-koyuki | 2005-11-09 23:46 | こゆき&さくら